漫画は電子書籍で金曜日にebookjapanで購入するのが一番お得な理由

日本人の多くの方は、幼い頃から漫画で学んだ事がかなり多いんではないでしょうか。

私もその一人で、少年時代から現在まで多くの学びを漫画から教えてもらっています。

少年時代はジャンプやマガジンの週刊誌の発売日を心待ちにし、発売日前日に販売されるコンビニに朝早くから買いに行く事が毎週の楽しみになっていました。

その当時、週刊誌で一度読んだはずのお気に入り作品のコミックを購入し、再度読み返しながら、自宅にコレクションするという方も多かったのではないでしょうか。

それに対し、現在は週刊誌は全くといって購入しなくなり、コミックも集めなくなりました。

なぜなら!

今はスマホやタブレットで好きな時に好きな場所でいつでもどこでも漫画や雑誌が読めるようになったからです。

本当に便利になり、私も今では紙では読まなくなり、ほとんど電子で読むようになったのですが、少し難点もあります。

それはアプリや電子書籍サービスのプラットフォームが多すぎる。。。

私も10種類ぐらいのアプリを使い分け、これはピッコマで読んでたと思ったら、これはLINEマンガだったみたいな事を繰り返し、混乱しながらも漫画を楽しんでいます。

そんな数々ある電子書籍プラットフォームをいくつか使ってきた中で、購入本を纏めておくにはここだ!というのが今回おすすめするebookjapanです。

ebookjapanとは

Yahoo!Japanが運営している電子書籍専門の販売サイトがebookjapanです。

取り扱う電子書籍はなんと50万冊以上で、その内漫画コミックが21万冊以上と代表作からマニアも納得の作品まで幅広く網羅しています。

ebookjapanの良いところ

コミックフライデーのポイント還元が別格

何よりebookjapanで漫画を買うべき一番大きな理由はこの還元率です。

ソフトバンク、ワイモバイルユーザーに限りますが、最大で30%還元されます。

仮に¥10000で漫画大人買いしたとして、¥3000分還元されるという大盤振る舞いのバーゲン還元です。

しかも、それが毎週金曜日に還元されるというのだから、漫画好きには何とも嬉しい本屋さんです。

Paypay残高で支払う事で更に還元

上記コミックフライデーのポイント還元条件にもありますが、PayPay残高で支払う事によって+5%の還元を受ける事が出来ます。

ただ、それとは別にPayPayで支払った分のポイント還元も別でしっかり受け取る事が可能です。

漫画一冊購入しただけですが、ebookjapanのキャンペーンとは別で、しっかりPaypay分0.5〜1.5%も還元されています。

PayPay STEPの対象サービス達成条件になる

これは直接関係ないかもですが、PayPayには独自の還元ポイントアップシステムがあり、様々な条件が設けられています。

その中の一つの条件に、ひと月にソフトバンク・Yahooグループの3つのショッピングサービスを利用する事で、翌月のPayPayのポイント還元アップに繋がる達成条件があります。

そのショッピングサービスの一つにこのebookjapanが入っているため、私はひと月に一度、その条件達成のためにも、このebookjapanで一冊以上は購入するようにしています。

【2022年最新】ポイント制度をどんどん改悪していくYahooショッピングで賢く買い物する方法

漫画の数が豊富

私はebookjapanを漫画目当てで使っていますが、その理由の一つに作品の種類が豊富というのがあります。

コミックだけで21万冊以上という事なので、一般的に面白いと言われている作品はほとんど網羅しているのではないでしょうか。

漫画や雑誌などの本を何冊でも持ち運べる

これは電子書籍類全般に言える事ですが、物理的な本を何冊も持ち歩けばかなりの重量になるため、本を読む前に疲れてしまうと思います。

ただ、ebookjapanのような電子書籍サイトで漫画や本類を一元管理する事で、スマホやタブレットを持ち歩くだけで、読みたい時に読みたい本をどこでも楽しむ事が出来ます。

無料で読める作品がある

これはどの漫画アプリにも搭載されているサービスですが、ebookjapanにも多分に漏れずこの無料作品が読めるようになっています。

これらのサービスを使って、まずは面白そうな作品の1話を読んで試してみるというのが便利です。

タイマー無料

タイマー無料というのは、1話読むと制限がかかり、24時間経つとまた次の話が読めるという時間制サービスです。

チケット無料

チケット無料というのは、毎日8時と20時に定期付与される決まったチケット数分だけ、好きな作品を読める定数サービスです。

ebookjapanの残念なところ

作品のお気に入り登録が分かりにくい

どんなネットショッピングでも、読みたい作品を探し回ってる時、購入したいものはお気に入りに登録して、後で優先順位付けたり、選別出来ると便利です。

良くあるハートマークを1タッチでお気に入りにしたいのに、何故かebookjapanはお気に入り機能が分かりにくい。

無料作品のコーナーは分かりやすいのですが、購入ストアの作品のお気に入りがめちゃくちゃ分かりにくいです。

購入した作品の売却が出来ない

これはebookjapanに限った事ではないのですが、電子書籍全般に言える事として、作品の二次利用が出来ないところが残念な点です。

その辺も考えて、これは長期間かけて読み返したりするであろう作品や参考書などは電子、一度しか読まないであろうビジネス本などは紙本と買い分けるようにしています。

ebookjapanを漫画専用にしてみて思った事

まず、なんと言ってもebookjapanの還元特典が強烈なので、漫画を買おうというモチベーションが上がるようになりました。

最近は何十とある漫画アプリで読む事が多かったのですが、数が多過ぎてどの作品をどのアプリで読んだかが混乱するのが悩みの種でした。

それが、このebookjapanに纏めるようになっただけで、アプリや作品を探すストレスが無くなりました。

特に購入して読みたい作品などは、アプリがバラバラになると、どの作品がどのアプリで読めたかなどが分からなくなり管理として不便です。

何よりebookjapanの高還元率が最大の魅力だと思っています。

ebookjapanのような購入還元がある事で、購読意識も高まります!

これからはebookjapanを一元管理用に、読みたい漫画のポートフォリオを築いていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA