神戸の有馬温泉には最も早い時間でチェックインした方が良い理由

普段シャワーばかりの生活で入浴する事が少ないため、そんな身体と心を温めるためにも、兵庫県の全国的名泉である有馬温泉に行ってみる事にしました。

日本三大名泉とも言われ、あの豊臣秀吉がお気に入りだった温泉としても有名な有馬温泉。

そんな有馬温泉の名物である、《金泉》と《銀泉》を楽しみに旅館を予約してみました。

有馬温泉で泊まってみた旅館

月光園 鴻朧館

今回泊まってみたのは、有馬温泉中心地にある《月光園 鴻朧館》です。

なんて読むのかと思ったあなた!

こちらは《こうろうかん》と読むみたいです。

この旅館の隣にも同じ《月光園 游月山荘》という姉妹館の旅館があります。鴻朧館で予約した方は間違えないように気を付けて下さい。ちなみにこちらは《ゆうげつさんそう》と読むらしく、まだ正答率高めな漢字で安心しました。

この旅館、予想以上に良かったので、前置き的に少しだけレビューをさせていただきます。

 

 

3タイプの温泉が楽しめる

有馬温泉と言えば、金泉と銀泉が有名ですが、これらを含む3タイプの温泉が楽しめます。それぞれ露天風呂もあり、温泉に来たー!というのを肌で感じる事が出来ます。

一人用のプランと部屋がある

数々の温泉旅館があると思うんですが、意外に一人用プランの部屋やコースが少ないです。その他の旅館も一人での宿泊は可能な所もあるんですが、複数人プランが基本となっているので、一人宿泊だとかなり割高になるケースが多いと思います。この旅館は部屋とプランと価格が一人用に特化されているので、一人旅派の方にはとてもオススメ出来ます。

朝食が美味

本音を言うと食事は良くあるビュッフェ的なバイキングを想像してたんですが、かなり本格的な朝食御膳が出てきて本当にビックリしました!もちろん味もパーフェクトに美味しく、嬉しいサプライズでした。

スタッフの方々のおもてなしが素晴らしい

温泉場にも基本的にスタッフはいないので、コミュニケーションする機会は主にチェックインとチェックアウトですが、エントランスのお出迎えからとても丁寧に迎えてくれます。通路ですれ違うスタッフさんも必ず挨拶してくれるし、食事処のスタッフさんも笑顔でとても丁寧におかずの説明なんかをしてくれたりします。サービスがマンネリ化している中心地で生活していると、こういうサービスを忘れてしまってたのでとても新鮮でした。

駐車場が完備されている

車で神戸から30分、大阪市内からでも60分ほどと中心地からアクセスしやすい立地という事もあり、関西中心に車での来客も多いと思います。駅からだと少し歩く距離がありますが、車だと直接入館出来て、しっかりと車も預かってもらえます。

 

 

ホテルチェックイン後の有馬温泉街

周辺ホテルのチェックイン時間が早くて大体15:00頃が多いかと思います。

私は旅館に17:00頃にチェックインしました。その後部屋で荷物の整理などをしてから、温泉街に繰り出そうと思ったのですが、なんと!ほとんどのお店が閉まっており、夕食を食べ損なってしまいました…

有馬温泉街のお店は18:00頃には主要なお店は閉店しているようです。外食で夕食を取るために、旅館の夕食をオプションから外している方は、おそらく困惑すると思います。

なので、有馬温泉の旅館には一番早い時間でチェックインをして、そのまま夕食を取りに外出してから、夕方以降に温泉を楽しむ流れがスムーズです。

昼と夜の違いはこの動画が分かりやすいと思いますので、参考にしてみて下さい。

雰囲気ある有馬温泉街

個人的にホテルの温泉を楽しむタイプなのですが、有馬温泉街にも雰囲気ある温泉がホテル周辺にあります。

金の湯

有馬温泉街の代表的な金泉である金の湯。建物の前には足湯もあってたくさんの人が集まっていました。

銀の湯

もう一つの有馬温泉の顔である銀泉を代表する銀の湯。中心地より少し離れた場所にあります。

一休

有名な鉄板焼屋さんです。

↓食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28017275/

竹中肉店

有馬温泉名物のコロッケ屋さんです。

↓食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28025664/

arima gelateria Stagione

女性に大人気!有馬温泉名物ジェラート屋さん。

↓食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28044218/

土山人

有名蕎麦屋さん。…が、定休日で閉まってました泣

↓食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28041243/

と思い、系列店のはなれは開いているとの貼り紙があったので、向かってみると…

土山人はなれ

残念ながら、満席でした…大泣

↓食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28049295/

チックタク

レトロな洋食喫茶店。

↓食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28022862/

misono

温泉街では珍しいカレーうどん専門店。

牛スジ煮込みカレーうどんを頼みましたが、見た目以上に美味でした。

↓食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28001159/

有馬まめ

食後のデザートにはもってこいの有馬ドーナツ屋。

ここの店主のお父さんはとても親切でした。デザートのソフトクリームとドーナツを食べて大満足。

↓食べログ↓

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28036962/

有馬温泉街の感想

早い時間にさえ行けば、グルメ店も多く、食とお風呂を満喫出来るとても貴重な場所だと思います。

ただ、タイトルの通り夜の温泉街はほとんどのお店が開いていないので、旅館やホテルでの楽しみ方を考えておくのをオススメします。

もちろん、メインは温泉が醍醐味なので、金泉と銀泉を堪能する事で、心身ともにリフレッシュする毎間違いなしです。

自然に囲まれた環境で、時間の流れも穏やかなので、一人旅、恋人との旅行、家族旅行、どれをとっても大満足の旅になるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA