読書するならiPadよりKindle Paperwhite(第10世代)が間違いない理由

Kindleパッケージ

これまで電子書籍リーダーはiPadとiPhoneを使い分けて来たのですが、ここに来てKindleに初挑戦です!

最新が2018年の後期ぐらいに発売されているので、新型が出るのを待ちたかったのですが、予定も出ていないようなので、今からでも購入してしまいました。

購入しようと思った理由は、

  • 防水
  • 小さい
  • 軽い
  • 目に優しい

と、iPadには無い特徴に惹かれたからです。

iPhoneや iPadでも問題無かったのですが、やはりApple系のデバイスは少し重くて大きいのと、画面が明るいので長時間の読書をすると思ったより目が疲れます。。。

そんなiPadからの乗り換えで、使ってみたKindle Paperwhiteの使用感をレビューしてみました。

 

実際に使ってみて良かった事

思った以上に小さいサイズ

購入前はiPad Miniぐらいの大きさを想像していたのですが、実寸はiPhone XS Maxの幅が少し広いぐらいの大きさです。実際に持ってみるとこれぐらいの大きさが快適というのが実感出来ました。

思った以上に軽い重量

これも実際に持つまで分からなかったのですが、思っていた以上にかなり軽いです。iPhoneで電子書籍の読書やネットサーフィンを長時間すると疲れを感じてくるのですが、Kindle Paperwhiteはストレスが軽減されます。

光量が少なく目に優しい

iPhoneなんかに比べると目の疲れは減るだろうなぁとある程度は予想していたのですが、その予想以上の優しさです。眩しい感じが全くなく、活字を読む為に考えられているのは流石です。

個人的には防水機能が目玉

これが電子書籍リーダーにKindleを取り入れようと思ったきっかけなんですが、お風呂の中での時間を使える物は無いかと探してて、このPaperwhiteに辿り着きました。温泉旅行にも持って行けそうなので、水場の読書に活用したいと思っています。サウナでも使えたらもっと最高なのですが、メーカーでは推奨していないようです…汗

長時間でも充電の持ちが抜群

iPadとの大きな違いが充電の持ち時間の差です。iPadは2日もするとほとんど充電が無くなりますが、Kindle Paperwhiteは大きな電力を使わないため、数日でも充電が持ちます。あまり長期の旅行とかで無ければ、帰ってくるまで充電が必要無いです。

実際に使ってみて悪かった事

雑誌を読むのには向かない

やはり白黒基調なため、カラーバリエーションが多い雑誌や実用書系の読書には向かないと思います。Kindleで雑誌もいくつか購読しているのですが、Paperwhiteで読むと違和感しかありません。

サウナで使えなさそう

温泉のお供にサウナへも連れて行こうとしてたのですが、メーカーの製品情報に下記の注意文がありました。

Kindle を非常に高温または低温の環境に置かないでください。たとえば、氷点下や非常 に高温となる車のトランクに放置しないでください。

Kindle Paperwhite マニュアル

マニュアルの注意文を見る限り、非常に高温の環境はNGなようなので、サウナで使うと不具合が出る可能性が高そうです。もし、サウナで使えたら、あの灼熱の時間を読書で紛らわす事が出来ると思っていたので残念です。

入浴時に若干曇る

浴室の環境にもよると思いますが、画面に水滴が付いたり、濡れた手でガンガン触っていくと画面が若干曇るので、文字が読みにくくなります。防水とは言え、ジャブジャブ浴槽に漬けると画面が水滴まみれになるので、縁をしっかり持って、出来る限り画面は濡れないように配慮する事が読書に集中出来るコツです。

Kindle Paperwhiteのスペック

Kindle付属品

Kindle Paperwhiteの付属品は小さなマニュアルとUSBケーブルのみとシンプルです。

サイズ 167 mm x 116 mm x 8.18 mm
重量 Wi-Fi:182g / Wi-Fi + 無料 4G:191g
容量 8 GB または32 GB
充電時間 PCからUSB経由での充電で約4時間。USB充電アダプター経由での充電で3時間。
防水性能 IPX8等級。深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がないことが確認されています

Kindle Paperwhiteのスペックにはいくつか選択項目があります。

8G or 32GB

本機ハードディスクの容量なので、単純に容量が多いほうが多くの電子書籍を保存する事が出来ます。私は32GBを選択しました。

広告つき or 広告なし

私は広告なしを選択したので、実際の表示を見たわけではないのですが、広告つきのモデルはスタンバイ時のスクリーンに表示されるようです。おそらく読書中にチカチカと表示されるような広告ではないようです。

Wi-Fi or Wi-Fi+無料4G

私は事前に自宅Wi-Fiでのみ読みたい書籍をダウンロードする事を想定してWi-Fiのみのモデルを選びました。Wi-Fi+無料4Gモデルの方はAmazonが4G回線料金を負担してくれるようで、外出時にはダウンロードがしたいユーザーには便利です。

Kindle Unlimitedは必須

まずはKindleアプリから読みたい書籍を探しましょー!

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

そして、Kindleを使うなら絶対使った方がお得なKindle Unlimited!

Kindle UnlimitedはAmazonの月額のサブスクリプションサービスなのですが、なんとKindle Unlimited対象の書籍であれば、常に10冊まで無料で読む事が出来ます。

どういう事かと言うと、まず読みたい本を探して10冊になったとします。Kindleアプリ内で10冊以上はダウンロード出来ないのですが、読み終えた書籍を削除して、新しく読みたい書籍と入れ替える事が可能です。私も常に読みたい本を10冊キープしながら都度入れ替えています。

もちろん、Kindleアカウントで同期する事が出来るので、Kindle Unlimitedに加入していれば、読みたい10冊をKindl Paperwhiteでも読み続ける事が出来るのが最高です。

Kindleユーザーは、絶対にKindle Unlimitedは活用しましょー!

Kindle Unlimited

購入してみての感想

この小さなサイズとこの軽量感が電子書籍リーダーとしては最高です!

iPadだと持ち運ぶには重いので、ポータブルデバイスとしては圧倒的にKindle Paperwhiteにして正解でした。

これまで飛行機内もiPhoneで読書していたのですが、あの光度が目の疲れに影響しているなぁと実感していたので、機内の読書にも活躍してくれそうです。

あとは、防水機能によるバスタイムの充実化がより良くなりそうです。これまで入浴するとインプットには時間を使えなかったので、ほとんど毎日をシャワーで済ましていました。ただ、これからはこのKindle Paperwhiteでじっくり読書しながら浴槽に浸かれるので、血行も良くなって健康にもなれそうです。

特に温泉には絶対に手放せないデバイスになりました。

また一つ、日々の生活を楽しくしてくれるサービスを提供してくれたAmazonに感謝です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA