Paypayで貯めたポイントはボーナス運用で増やすべき現代型投資のすすめ

今の時代だから言える事ですが、私は現金が好きではありません。

そのため、自宅には必要最低限の現金のみ手元に置き、それ以外はほとんどがクレジットカードかキャッシュレス決済で生活するようにしています。

銀行の窓口にもほとんど行く事がありません。

なぜ、現金が嫌いかの理由はいくつかありますが、一番の理由は手元に持っていても増えないからです。

私は、現金を手元に置く事は嫌いですが、投資は大好きです。

株式からインデックス、暗号通貨から自己投資まで、自分なりに楽しく自己資産を使うようにしています。

資産の内、銀行預金の割合も大きいですが、出来る限り自身の現預金を他の金融資産に交換しながら、増資出来るように心掛けています。

そんな日常生活で、これも何かで増やせないかと考えていたのが、ポイントなんです!

今やキャッシュレス決済と同様、日本では様々なポイントの種類があります。

日本での絶対的地位を確率したであろうPaypayポイントで、投資が出来る事を知ったので、早速始めてみる事にしました。

Paypayボーナス運用とは

今や日本のキャッシュレスで市民権を得たであろうPaypay。

なんと!4000万人以上が使っているとの事で、老若男女問わず、キャッシュレスで使っている方も多いと思います。

そんな中、Paypayアプリ内にひっそりと佇むボーナス運用というミニアプリを意識していた方は何人ぐらいいるのでしょうか…

こちらもなんと!既に300万人が使われているとのサービスになっており、Paypayユーザーの10人に1人は使っているというのが、このボーナス運用です!

Paypayボーナス運用の良いところ

圧倒的な利回り

びっくりなのが、僅か3ヶ月ほどの運用ですが、脅威の43.27%と言う利回りは驚愕でしかありません。

何よりもこれが一番予想外で驚いた点で、レバレッジがかかっているとはいえ、思っていた以上の利回りで正直びっくりしました。

もちろん相場が好況だった事もあると思いますが、この短期間でこの成績は、普段眠らしているポイントであれば、運用価値が高いと思います。

いつでもどこでも預け入れと引き出しが可能

ポイントじゃなくても、現金で運用するのと同じと思う方も多いと思いますが、Paypayボーナス運用の良いところは、面倒な手間なくポイントの預け入れと引き出しが可能なところです。

これが現金投資であれば、銀行口座から証券口座に資金移動させて、口座番号確認して、銘柄の選定してなど煩わしい事が多いのですが、誰でもいつでも簡単にポイント投資出来るところが魅力です。

分かりやすい2コースから選択

スタンダードコース

まさにリスクもリターンも標準のスタンダードコース。

長期運用で少しでもリスクヘッジしたい方はこちらが安心かもしれません。

チャレンジコース

米国株に連動して3倍のレバレッジが効くのがこのチャレンジコース。

リスクも大きいが、その分リターンにも期待出来るギャンブラータイプの方はこちらの方が楽しめると思います。

なんと手数料が無料

投資の場合、通常証券会社などで金融商品を購入すると、売買の時にかかる手数料、保有維持での手数料、投資信託での手数料、銀行口座に出金する時の手数料など、諸々の出費がかかるのが当たり前なのですが、Paypayボーナス運用では全く手数料がかからず、ポイントを運用する事が出来るのが、かなりの好条件だと思います。

自動追加設定でボーナス獲得と同時に投資出来る

普段の買い物で付与されるPaypayボーナスを、獲得と同時に自動的に運用に回してくれるこの設定もかなり便利です。

先述の2コースのどちらかに設定出来るので、いちいちその都度でポイントを移動させる手間がありません。

原資がポイントなので冒険出来る

ポイントと言えど、もちろん投資運用なので、元本割れのリスクはありますが、原資が現金ではないので少しは気が楽です。

元々買い物して貰った物なので、無かった物として考えれば、チャレンジコースでも怖くはありません。

増やしたポイントで買い物してまた貰ったポイントを再投資出来るという好循環

このPaypayボーナスの運用で増えたポイントで、YahooショッピングやPaypayモールなどで買い物すれば、更にその分のポイントが付与されるという錬金術が可能です。

これがPaypayポイントの良いところで、楽天ポイントだと楽天市場での買い物ではポイント付与は激減します。

普段買い物する場所も賢く選びましょう。

【2021年最新】ポイント制度をどんどん改悪していくYahooショッピングで賢く買い物する方法

Paypayボーナス運用の残念なところ

Paypayチャージ分は運用出来ない

これが意外にややこしいのですが、Paypayのポイントには大きく4種類のポイントがあります。

Paypayマネー

分かりやすく噛み砕くと、現金やクレジットカードから入金されていて、出金出来るのが【Paypayマネー】で、出金出来ないのが【Paypayマネーライト】

Paypayボーナス

特典やキャンペーンで付与されていて、有効期限が無いのが【Paypayボーナス】で、有効期限があるのが【Paypayボーナスライト】

名称通りPaypayボーナスしか投資運用出来ない

私も実際にこのPaypayボーナス運用をするまで気付かなかったのですが、Paypayマネーのポイントは、この投資運用では使えないのです。

そのため、買い物やキャンペーンでゲットしたポイントのみ投資運用出来るので、間違えて現金やクレジットカードで原資を増やそうとしないように気を付けましょう。

もちろん投資なのでリスクはある

これはPaypayボーナス運用に限らずですが、投資は増える可能性がある分、元本補償はもちろん無いので、減る可能性がある事も十分に理解しておきましょう。

Paypayボーナス運用を試してみての感想

まず、第一声はやってみて良かったと思っています。

特に投資初心者の方には間違いなくオススメ出来ます。

  • 面倒な手続きが無く簡単
  • 手数料がかからない
  • 付与されたポイントでの運用が基本

この3点からも、手出しでの出費が無く、リスクがかなり抑えられていて、ゲーム感覚で始められるからです。

もし、私に子供がいたら、間違いなく始めさせて、投資運用の感覚を肌で感じてもらいたいです。

そんなビギナースタイルにも関わらず、40%以上の利回りは、驚異的です!

私は他にも楽天ポイント、dポイントも投資運用していますが、利回りの差は歴然です。

楽天ポイント アクティブコース

dポイント アクティブコース

楽天ポイント、dポイント共に、3ヶ月も経たない期間で、おおよその利回りが2〜3%ぐらい。

Paypayボーナスと比較しても雲泥の差で正直驚きです。

これからも付与ポイントは極力運用へ回し、効率的にポイントの恩恵も享受していきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA