5年以上ダニと戦ってきて学んだ撃退法とその効果

今現在でも生活の悩みとして5本の指に入るのが、このダニとの激戦です。

あまりにも前過ぎてもういつから悩んでいるか分からなくなってますが、もう5年以上前から悩み続けています。

悩みに気付き始めたのが、夜就寝する時の布団での全身の痒みでした。

最初は何かのアレルギーかと思って、対して気にもしていなかったのですが、日々の徐々に積もるストレスが普段のQOLを下げている事に気付き、対策を講じ始めました。

ダニに咬まれやすい身体なのか、室内の環境が繁殖させているのか、何が原因かが全く分からず、ダニ対策を調べては試すという日々をずっと送ってきました。

もしかしたら、同じような悩みを持っている方がいるかもしれないと思い、これまで講じてきた対策を自身の経験や感想も交えながらまとめてみました。

よくダニ対策系のブログには、気持ちの悪いダニの実物画像を平気で載せている人がいますが、私のブログには一切掲載していませんので、安心して読み進めてもらえればと思います。

これまで試してきたダニ対策と効果度

寝具の天日干し ★☆☆☆☆

良く言われていますが、ダニは50度以上の熱で1時間以上熱する事で、ようやく死滅すると言われています。

そのため、真夏日の高熱の下で毎日天日干しをしたとしても、その温度まで上げるのは難しく、全く効果はありませんでした。

ただ、これは個人的には試せていないのですが、真夏日の炎天下の車中であれば、それぐらいの高温になるため、試してみる価値はあるかもしれません。

寝具の洗濯 ★☆☆☆☆

定番ですが、寝具の布団やシーツを洗濯するです。

もちろん、どこの家庭でも寝具の洗濯は定期的にする事だとは思いますが、多少のダニを洗い流す事は出来ても、ダニは繊維に脚でしがみつくため、洗剤や水では完全に洗い落とす事が出来ません。

洗濯後も生き残ったダニが繁殖を続けるため、数日後には、またかゆみが襲い始めます。

ダニ防止布団 ★★☆☆☆

世間にはダニ防止対策をした寝具、布団や枕などたくさん販売されています。

もちろん、私もダニ防止布団はチェックし続けていたので、布団カバーまでフルセット一式で買い替えた事もあります。

マットレスまで買い替えたのですが、1ヶ月もしない内に、以前のかゆみが戻ってきてしまいました。

布団内への侵入は防いでくれるみたいなので、繁殖防止には少しは効果はあるかもしれませんが、残念ながらダニ撲滅の効果を感じる事は出来ませんでした。

 

以前にマットレスを買い替えた時に、布団とカバーをダニ防止仕様に交換した時の事をまとめています↓

コアラマットレスで寝ると本当にコアラのように良く熟睡出来るかを試してみた

ダニ駆除スプレー ★★☆☆☆

大手の害虫駆除メーカーがどこも販売しているダニ駆除スプレーは期待値がとても高かったです。

人体には害は無いという事だったので、布団に吹きかけて何日か試してみました。

これ系のスプレーに多いですが、換気をしながら噴出しないと、思った以上に布団や部屋に匂いが充満し、気持ち悪くなります。

そんな匂いとは反して、期待の効果は感じられず、かゆみから解き放たれる事はありませんでした。

アイロンスチーム ★★☆☆☆

どこを調べても、ダニは熱に弱いと書かれています。

そんな高熱退治法の代表格がスチームアイロンの熱気で撃退するというものです。

スチームアイロンはかなり高熱なので、熱する時間はそんなに必要なさそうなのですが、とにかくアイロンの面積毎に各部に当て続けないといけないので、布団で試すとなると、思った以上に時間と手間がかかります。

そんな手間をかける割に、快適さを感じれるほどの効果はありませんでした。

布団用吸引機 ★★★☆☆

布団に住み着くダニを吸引するための布団クリーナーなる掃除機が色々と販売されています。

ダニは脚で繊維にしがみつくので、効果は無いなどの意見も多くありますが、私はどちらかと言うと、アレルギー予防にと、ダニの死骸やエサを吸引する目的で試してみました。

吸引力重視で探しましたので、信頼と安心のためにこのブランドしかないと思い、Dysonを購入しました。

Dysonにも布団クリーナー用に最適な柄の短いモデルが販売されており、これが布団に使うにはとても使いやすいのです。

早速、全面吸引してから就寝したところ、翌朝のかゆみが少しマシになっていました。

ただ、これも3〜5日ぐらい経つと、以前のようなかゆみを感じるようになり、失敗に終わってしまいました。

普通の掃除機としての吸引力は抜群です。

布団乾燥機 ★★★☆☆

スチームアイロンの熱は瞬間の高熱での駆除でしたが、ダニは1時間以上、50度以上の熱を与えないと死滅しないらしいので、長時間用の熱対策がこの布団乾燥機です。

最近の布団乾燥機はモードにダニ退治モードがあったりと、高温で100分間熱風を布団面に当て続ける事が出来ます。

これもとても期待値が高かったのですが、布団に入った時は暖かくて気持ち良く、最初の数日はかゆみも少なくなった気がしたのですが、数日後にはまた全身にザワザワとかゆみが襲ってきます。

一時、毎日この布団乾燥機で暖め続けていたのですが、その手間と時間をかける割に、効果が小さかったので、これも諦めてしまいました。

コインランドリー乾燥機 ★★★☆☆

事前調査でとても評価が高かったのが、このコインランドリーの乾燥機です。

市販品の乾燥機は、業務用に比べてどうしても熱が低かったりとクオリティーは劣るので、コインランドリーの乾燥機であれば一発でダニを退治出来るという意見が多かったのです。

もちろん、私もコインランドリーに掛け布団、敷き布団を纏めて持ち込み、洗濯〜乾燥まで一式試してみました。

ただ、布団を持ち込む手間と費用もかけた割には、この方法も長期間の効果はなく、快適な睡眠に繋がる事はありませんでした。

ダニ捕りマット ★★★★☆

布団でダニを死滅させる方法だと、一つ問題があります。

死滅したダニに咬まれる事がなくなるので良いと思ってしまうのですが、この死骸が残ってしまう事で、肌や喘息のアレルギーになってしまうらしいのです。

そんな時に抜群の効果を発揮してくれるのが、ダニを誘導してそのまま捕獲してくれるダニ捕りマットです。

私が試したものが下記の商品です。

ダニ捕りシート

日本製という事で信頼して試してみたのですが、これは少し効果がありました。

ダニを誘引して、生け捕りにした後、そのままシートを捨てれば死骸も残りませんというのが、何とも合理的です。

これまで試したものとは、違いを感じれるほど効果はあったのですが、2〜3週間するとかゆみがまた復活するという感じで、メーカーが謳っている2〜3ヶ月効果が続くというのには少し疑問が残りました。

ダニ捕りロボ

これまで色々と試してきて、現段階で効果抜群と個人的に認定しているのが、このダニ捕りロボです

これはダニ専門の研究所が開発しているらしいのですが、値段が少し高価だったので、初めは試すのを躊躇していました。

ただ、色々試した挙句、万策尽きてきたので、一度試してみようと購入を決意しました。

いざ試してみると、初めの1〜2日はいつもと同じような感じでかゆみが治らず、『やっぱり駄目かぁ…』と思っていた矢先、3日目ぐらいからピタッとかゆみが治りました。

これは、今まで試してきたダニ対策で、一番の効果を感じる事が出来ました。

前述のダニ捕りシートよりも効果も長く、オフィシャルで3ヶ月と謳っているとおり、効果が継続出来ているので、これからも定期的に交換を続けていこうと思っています。

ダニに悩まれている方は、一度このダニ捕りロボを試してみる事をおすすめします!

長年のダニとの激戦について

おそらく、私の部屋の湿度が高く、夏も冬も熱がこもりやすいので、ダニの繁殖がしやすいというのはあると思うのですが、それにしても人のQOLを日常でこれほどまでに下げられた事はありません。

神経質なまでに色々と試してきましたが、現段階でダニ捕りロボが最善策という事で、ストレスを軽減しています。

かゆみというのは、本当に睡眠の質を下げてくれるので、仕事と遊びを全力で楽しむためにも、これからも上質な睡眠環境作りとダニ退治法を追求していきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA